数学オリンピック財団 公益財団法人  数学オリンピック財団


協 賛 の お 願 い

 公益財団法人数学オリンピック財団では,運営を応援してくださる企業・団体および個人の方々を募集しています。
 数学オリンピック財団は、日本数学オリンピック(略称:JMO)・日本ジュニア数学オリンピック(略称:JJMO)を主催し、国際数学オリンピック(略称:IMO)やヨーロッパ女子数学オリンピック(略称:EGMO)に日本代表選手を派遣する事業を軸に、数学教育や数理科学教育全般に貢献するための諸事業を実施しています。
 IMO (International Mathematical Olympiad) は、世界の多くの国の高校生以下の算数・数学好きな生徒を選び、コンテストを通し生徒を励ましその才能を伸ばすために、1959年から毎年7月に各国持ち回りで開催されています。日本は1990年の第31回IMO中国大会より毎年選手6名を当財団が派遣しています。 この6名の選手を選ぶための日本国内でのコンテストが JMO (Japanese Mathematical Olympiad) で、毎年1月の予選、2月の本選、3月の代表選考合宿の成績をもとに選手が選ばれます。 昨年2019年7月にイギリスで開催された第60回IMOで日本選手6人は金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得しました。
 また、JMO と同日同時に中学生以下の生徒を対象とした JJMO (Japanese Junior Mathematical Olympiad) を開催するとともに、JMO の女子応募者の中の希望者を対象として EGMO (European Girls' Mathematical Olympiad) に派遣する選手を選ぶための一次選抜試験を11月に実施しています。その成績上位者の中から翌年1月のJMO予選の成績を加味して日本代表選手が選ばれます。
 これらの国際大会は、単に数学の力を競い合うだけでなく、優れた能力を持った生徒たちが国際交流を通して全世界に跨るネットワークを築くという大きな意味を持った大会です。 数学および数理科学全般にチャレンジする若者たちの育成、日本数学オリンピック/日本ジュニア数学オリンピックの開催、そして国際数学オリンピック/ヨーロッパ女子数学オリンピックへの日本代表選手派遣などの一連の事業を継続するには皆様からのご支援が欠かせません。 このような趣旨に賛同していただけましたら、ぜひご支援くださいますようお願い申し上げます。
 また、当財団では、来る2023年7月2日~13日に第64回IMO(IMO2023日本大会)を千葉県千葉市で開催する予定で準備を進めています。この準備と当該年における事業実施には例年の事業運営費とは別に多大の費用とサポート要員が見込まれます。併せてご支援・ご協力をいただければ幸甚に存じます。
 詳しくは、下記の関係資料や、このページの冒頭に記した当財団のウェブサイトの各ページをご覧いただければ幸いです。

協賛依頼関係参考資料