数学オリンピック財団 公益財団法人  数学オリンピック財団

 


 

日本ジュニア数学オリンピック(JJMO)概要

 日本ジュニア数学オリンピック (Japan Junior Mathematical Olympiad:略称 JJMO) は、2003年7月に日本で開催された国際数学オリンピック(IMO)日本大会を記念して、同年1月の日本情報オリンピック(JMO)の予選と同日に第1回大会が開催されました。
 第7回大会(2009年)からは、JJMO の拡充を目指して JMO と同様に、1月(成人の日)に予選を、2月(建国記念の日)に本選を実施しています。JJMO 予選はオンラインで実施し、成績順に約100名を本選受験有資格者と定めています。
 続いて、本選受験有資格者を対象に本選が2月(建国記念の日)に行われ、約10名の JJMO の受賞者が決定され、金・銀・銅のメダルが授与されます。この受賞者のうちの上位5名は、IMO の日本代表選手候補として3月の代表選考合宿に参加し、JMO の受賞者(約20名)とともに3月の代表選考合宿に参加し、そこでのテストの結果により日本代表選手6名が選ばれます。
 このように、JJMO は中学生以下の若い世代の数学的な才能の発掘・育成を目指すものであり、その上の JMO、さらには、IMO 日本代表選手へとつながっているコンテストでもあります。
 通常は上記のような選考方法に基づいて実施していますが、この方法で実施できない事態が生じた場合には選考方法や合格人数を変更することもありますので、ご承知おきください。
 募集は、JMO と同じ時期に行われます。
 なお、最近5年間の JJMO の予選、本選、および IMO の問題は参考書案内(JJMO)の(3)、(4)に詳しく紹介されています。 また、JJMO 応募者には年1度発行する財団発行の冊子『JUNIOR math OLYMPIAN』には、昨年実施の問題および解答が掲載されています。勉強の良い手助けとして活用してください。 また、JJMO や JMO で出題された過去の予選問題・本選問題、および IMO で出題された過去の問題は、このウェブサイトのそれぞれのページに掲載していますので参考にしてください。問題の解答や解説については、参考書案内で多数の解説書を紹介しています。

予選と本選および代表選考合宿の流れ

〇応 募
・ホームページ掲載の募集要項にしたがって、申し込みをして下さい。
・個人申し込みと学校一括申し込みがあります。(学校一括申し込みについては各学校にお問い合わせ下さい。)
  ↓
〇予 選
・試験:1月の成人の日,試験時間 3時間,オンライン実施
・答だけを問う12問(各問1点)
・中学生以下が対象
  ↓
〇本 選
・試験:2月11日の建国記念日,試験時間 4時間,全国主要都市での会場実施
・証明を要求する記述式問題5問
・本選に参加できるのは、本選受験有資格者
  ↓
〇代表選考合宿
・試験:3月下旬
・代表選考合宿に参加できるのは、高等学校2年生以下のJMOの受賞者(約20名)、JJMOの受賞者のうちの上位
・合宿参加者から6名が国際数学オリンピック(IMO)日本代表選手に選抜される。

 

JJMO予選の結果概要(2016年~)
応募者数参加者数abc欠席者
22回2024年3066289112~7  71名(本選受験有資格者) 6~0 2820名175
21回2023年2694252112~7 129名(本選受験有資格者) 6~0 2392名173
20回2022年2550243712~6 141名(本選受験有資格者) 5~0 2296名113
19回2021年中止中止COVID-19 のため実施を中止しました。
18回2020年2960277312~7 114名6~3 1191名2~0 1468名187
17回2019年3045281912~6 135名5~3 1219名2~0 1465名226
16回2018年3242300612~8 104名7~3 1530名2~0 1372名236
15回2017年3134289312~7  84名6~3 1693名2~0 1116名241
14回2016年3057281212~5 102名4~3  528名2~0 2182名245

主たる出題分野

〇 整数・代数
・約数(最大公約数)、倍数(最小公倍数)
・素数(素因数分解)
・不定方程式(ディオファントス方程式)、整数解
・合同式(連立1次合同式、フェルマーの小定理)
・数列
・平方数、恒等式、不等式
〇 幾何
・合同と相似、三角形、円、空間図形、平面や直線の関係
〇 組合せ・離散数学
・数え上げ、確率、グラフ


JJMO 募集要項

第22回JJMO募集要項  2023年度の募集は2023年10月31日で締め切りました。

日本ジュニア数学オリンピックの問題

予選は第7回大会(2009年)から実施しています。

第22回(2024年)予選本選
第21回(2023年)予選本選
第20回(2022年)予選本選
第19回(2021年)中止
第18回(2020年)予選本選
第17回(2019年)予選本選
第16回(2018年)予選本選
第15回(2017年)予選本選
第14回(2016年)予選本選
第13回(2015年)予選本選
第12回(2014年)予選本選
第11回(2013年)予選本選
第10回(2012年)予選本選
第09回(2011年)予選本選
第08回(2010年)予選本選
第07回(2009年)予選本選
第06回(2008年)問題
第05回(2007年)問題
第04回(2006年)問題
第03回(2005年)問題
第02回(2004年)問題
第01回(2003年)問題
予選:毎年1月中旬実施、本選:毎年2月11日実施、代表選考合宿:毎年3月下旬実施

JJMO 予選の得点分布と成績優秀者 (2003年〜)

JJMO予選の得点分布と成績優秀者(2003年~)

JJMO 本選成績(2003年〜)

JJMO本選成績(2003年~)

JMO・JJMO 地区別表彰(2016年〜)

JMO・JJMO 地区別表彰(2016年〜)

JJMO参考書案内

JJMO参考書


ページの最新更新日 2024年2月19日