数学オリンピック財団 公益財団法人  数学オリンピック財団

 


 

Home European Girls' Mathematical Olympiad (EGMO)概要

 イギリスにおいて、中国女子数学オリンピック (CGMO : China Girls' Mathematical Olympiad)と同様の大会をヨーロッパでも開催したいとの提案が、2009年にマレーエドワーズカレッジのジェフ・スミス氏によって英国数学オリンピック委員会に出され、国際女性デー100周年の2011年3月8日に公式に開催が発表されました。 そして、2012年4月に第1回 European Girls' Mathematical Olympiad (EGMO) が英国ケンブリッジ大学のマレーエドワーズカレッジで開催されました。
 数学オリンピック財団としては、中国の国内大会である CGMO よりも国際大会として IMO に準じる EGMO に参加する方が、 日本の数学界における女子選手の育成に大きな効果があると判断して、2014年の第3回大会から EGMO の大会に参加することを決定し、EGMOトルコ大会に初めて参加しました。
 日本数学オリンピック (JMO) の女子応募者のうち希望者に対して、毎年11月に EGMO 一次選抜試験を実施し、成績上位者について翌年1月の JMO 予選の成績を加味して日本代表選手を選抜します。

 EGMO の目的は、対象がヨーロッパ地区の国々および女子選手に限定されていることを除けば、IMOとほとんど同様です。ただし、ヨーロッパ以外の国も承認されれば参加することができます。EGMOは毎年4月にヨーロッパ内の国において開催されます。競技は2日連続で行われ、それぞれの日に4時間半で3問を解きます。授賞の基準もIMOと同様です。


 EGMO 日本代表選手と成績

EGMO 日本代表選手と成績

EGMO2024 ジョージア大会の様子

 過去のEGMOで出題された問題

 各年のEGMOで出題された問題の日本語訳(実際に使われた問題用紙)です。

年度 開催国/地域 問題 年度 開催国
/地域
問題
14 2025 13 2024 ジョージア  
12 2023 スロベニア 11 2022 ハンガリー
10 2021 ジョージア 9 2020 オランダ
8 2019 ウクライナ 7 2018 イタリア
6 2017 スイス 5 2016 ルーマニア
4 2015 ベラルーシ 3 2014 トルコ

CGMO の参加記録

 公益財団法人数学オリンピック財団は、女子選手の育成を目的として、2011年から中国女子数学オリンピック (CGMO : China Girls' Mathematical Olympiad) に参加してきましたが、2013年は鳥インフルエンザの問題などで中国からの招待状も届かず、不参加となりました。2年間だけ参加した CGMO の記録です。

第10回 8ヶ国・48チーム 188名
メダル氏 名所 属 校学年参加チーム内訳
葛西 祐美東京都立国立高等学校2年 中国 38
香港 2
シンガポール 2
アメリカ 2
フィリピン 1
ロシア 1
マカオ 1
日本 1
北川 景都京都教育大学附属高等学校3年

松原 瑠香新潟県立新潟高等学校3年

大森 千穂桜蔭高等学校1年
第11回 10ヶ国・52チーム 204名
メダル氏 名所 属 校学年参加チーム内訳
葛西 祐美東京都立国立高等学校3年 中国 40
香港 2
シンガポール 2
アメリカ 2
フィリピン 1
ロシア 1
マカオ 1
韓国 1
台湾 1
日本 1
山下 真由子東京都立新宿山吹高等学校2年
賴  友梨恵筑波大学附属高等学校3年
櫻庭  遥女子学院高等学校3年
第12回(中国国内で発生した鳥インフルエンザの為、不参加)
氏 名 所 属 校 学年
森 悠貴豊島岡女子学園高等学校3年
鳥巣 美貴久留米大学附設高等学校3年
渡辺 翠桜蔭高等学校3年
山下 真由子東京都立新宿山吹高等学校3年
ページの最新更新日 2024年4月17日